Skip to content
Japan-IMF Scholars Group Photo with Japanese Executive Director Takuji Tanaka at the International Monetary Fund in Washington on August 22, 2019.  IMF Photo/Joshua Roberts

海外でマクロ経済学博士号を取得しIMFエコノミストを目指す日本人を対象とした2年間の奨学金制度

博士号取得のためのJAPAN-IMFスカラシップ・プログラム(JISP)は、日本政府が資金を提供し、国際教育協会(Institute of International Education: IIE)の協力を得て、IMFの能力開発局(Institute for Capacity Development)が管理・運営を行っています。もっと読む→

 

Start your application today!

日本がIMFに貢献してきたこととは

日本は1990年に国際通貨基金(IMF)の能力開発を支援する初のパートナー国となり、以降、日本政府はIMFに合計で6億5,100万ドルの拠出を行っています。このうち、約5億2,700万ドルがIMFの能力開発プロジェクトを…

READ MORE >>

平成から令和へ新時代のスタート

2020年、元号が令和となり最初の新年を迎えました。新しい時代へのスタート地点です。気持ちを入れ替え、目標を掲げ、一歩一歩確実に前進していきましょう。「継続は力なり」皆様一人一人がこの言葉を胸に、実りのある輝かしい年にな…

READ MORE >>

地球と世界経済の大切なバランス

私たちが共存する地球上の自然界ではすべてがつながっています。その一つとして、自然と経済のつながりについて、今後どれだけ重要視していくべきかが健全な自然と健全な経済の、そして私たちが生命を存続していくための大きな課題なので…

READ MORE >>

Follow us on Instagram!

@japanimfscholarship