JAPAN-IMFスカラシップ・プログラム(JISP)とは

博士号取得のためのJAPAN-IMFスカラシップ・プログラム(JISP)は、日本政府が資金を提供し、国際教育協会(Institute of International Education: IIE)の協力を得て、IMFの能力開発局(Institute for Capacity Development)が管理・運営を行っています。

JISPは、マクロ経済学の実務専門家としてIMFで働くことを目指す、博士課程で学ぶ日本人奨学生への支援を目的としています。JISP奨学金は、海外の大学での博士課程の内の2年間を対象としています。

全てのJISP奨学生は、IMFで10~13週間に渡り行なわれる有給の夏季インターンシップに参加・修了し、博士課程終了後に、IMFエコノミスト・プログラム(EP)に応募し、合格した際は、オファーを受けることが義務付けられています。*

*この条件を満たせない場合は、奨学金の返済が求められます。なお、限られたポジションに多数の応募が集中することから、JISP奨学生という立場はIMFでの雇用を保証するものではありません。

JISPとは

JISP奨学金は、大学院におけるマクロ経済学の勉強に必要な2年間の学費全額と医療保険、対象となる一部の旅費、1年目の生活手当を支給します。

さらに、JISP奨学生は、

国際通貨基金本部第2ビルからの眺め

  • ワシントンDCのIMFで行われる2日間のオリエンテーションに参加し(費用はIMFが負担)、他のJISP奨学生やIMFスタッフ、そしてJISP卒業生と交流することができます。
  • IMFで行われる10~13週間の有給の夏季インターシップに参加します。
  • IMFのエコノミスト・プログラム(EP)に応募します。

この奨学金は日本政府が資金を提供しています。