経済英語の勉強法

2019年対日4条協議でIMFが提言した日本経済とは

先月、2019年対日4条協議が行なわれました。IMF専務理事であるクリスタリナ・ゲオルギエバ氏は日本経済は底堅いと評価する一方で、金融機関収益や年金及び保険の資金運用の利回りがフラット化している現状が与える影響についてや…

READ MORE >>

日本の質の高いインフラ投資

先日行われた第5回東京財政フォーラムで、国際通貨基金(IMF)副専務理事の古澤満宏氏が本年のG20議長国である日本の重要なイニシアティブについて講演をしました。G20諸国全てから全面的な支持が表明された質の高いインフラ投…

READ MORE >>

新専務理事が語るIMFの目的

『「経済学は本質的にモラル・サイエンスであり、自然科学ではありません」と創設の父の1人であるジョン・メイナード・ケインズはかつて発言しました。これはつまり、内省を用い、価値判断を用いるということであり、この言葉はIMF、…

READ MORE >>

ラガルド氏からバトンを受け継いだゲオルギエバ氏

先日、長年IMFの専務理事を勤めていたクリスティーヌ・ラガルド氏から、新しい専務理事としてクリスタリナ・ゲオルギエバ氏へバトンが引き継がれました。ブルガリア国籍のゲオルギエバ氏は国家世界経済大学で政治経済学と社会学の修士…

READ MORE >>

世界経済見通し内容を英語と日本語で表現

IMFは7月にアップデートされた世界経済見通しで、あらゆる視点から「低迷を続ける世界経済」また「勢いに欠ける世界経済」と見解しました。実際に起きている世界経済の動きから見えてくる今後の予想はどのように変化していくのか、と…

READ MORE >>

基本的な著作権と特許保護の経済的意義とは?

著作権法及び特許法が芸術的創造性や技術革新に及ぼす影響は、今日の経済においてますます重要になっています。経済史学者であり、ニューヨーク大学の准教授でもあるペトラ・モーザー氏は、19世紀のイタリアのオペラや世界博覧会のデー…

READ MORE >>

IMFのエコノミクス&ファイナンス講座をセルフペース法で受講

edXのIMF無料オンライン教育(MOOCS,ムーク)では、すでに開始されている講座でもセルフペース法で講座を最初から始めることが出来ます。見逃してしまった方や、講座の途中から始めるのは…と諦めている方、セルフペース法で…

READ MORE >>

国によって異なる退職後の必要な貯蓄額

IMFは「退職後の生活に必要な貯蓄額」をテーマに高齢化が進む社会における貯蓄と年金制度の相互作用に焦点を当てた調査の記事をIMFブログに掲載しました。80ヶ国のデータを用いて、今後30年間の公的貯蓄(政府貯蓄)と民間貯蓄…

READ MORE >>

IMFが取り上げる新しい社会契約について

年4回発行するIMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号が昨年12月発刊されました。今回は「新しい社会契約」をタイトルとし、テクノロジーやグローバル化がもたらす不安を克服することが市民と…

READ MORE >>