留学に必要なToeflとGreの違いを把握しておきましょう-visit japanimfscholarship.org for more information. Japan-IMF

留学に必要なTOEFL®テストとGRE®テストの違いを把握しておきましょう!

JISP奨学金に応募するにはGRE®️とTOEFL®️(またはIELTS)の2つのスコアが必要になります。以前受けたから大丈夫と思っている方、スコアの有効期限が切れていませんか?

また、そもそもTOEFL®️とGRE®️の違いって何?と思っている方、ここで違いを把握し、JISP奨学金応募の締切り間近になって慌てないように今から準備しておきましょう。IELTSについても記載しています。

GRE®︎はJISP奨学金応募に必須

GRE®️は海外の大学院の入学に必要となる論理的思考能力や読解力、分析力、語録力などを判定する試験です。つまり、博士号を取得するための基礎学力が重視されます。GRE®️は英語を母国語とする人にも課せられる試験になります。

全ての大学院がGRE®️スコアを必須としている訳ではありませんが、JISP奨学金応募には必須となりますので、早めに計画を立て受験の準備をしましょう。

GRE®️試験概要と試験予約

GRE®️の試験場は東京と大阪の2ヶ所になっており1年間で5回までしか受験ができませんが、スコア有効期限は5年間になります。受験費は$205かかります。

自宅での受験を希望している方は「GRE®️ General Test at Home」をご覧ください。

日本のGRE®️受験に関与している会社の一つとして、プロメトリック株式会社が提供しているGRE®️の試験概要と試験予約はこちらになります。

JISP奨学金応募にはTOEFL®️かIELTSのどちらかも必須

TOEFL®️とIELTSは英語を外国語とする人の英語能力を判定する試験としてグローバルに評価されています。JISP奨学金応募にはTOEFL®️かIELTSのどちらかの受験が必須になります。

受験にあたって気をつけなければならないことは、海外大学の中にはTOEFL®️とIELTSどちらのスコアを受け入れる大学もあれば、IELTSを受け入れていない大学があったり、逆にTOEFL®️を受け入れいない大学もあったりします。受験をする前に、まず留学先大学を確認することをおすすめします。

TOEFL®️について

TOEFL®️には、今や最も広く使われているインターネット式のTOEFL IBT®️と、昔ながらのペーパー式のTOEFL ITP®️の2種類があるのをご存知ですか?

受験方法や条件の他に、テスト内容、制限時間、受験費やスコアの単位が異なります。

  • TOEFL IBT®️とはコンピューター管理されている制限時間が4時間のインターネット版のテストです。多くの海外の教育機関で活用されております。受験費はUS$245かかります。
  • TOEFL ITP®️とは教育機関が管理する制限時間が2時間のテストです。個人的に受験することは出来ず、在籍している学校を通じて受けるテストになります。その場合、自身が在籍している学校と留学先の間にTOEFL ITP®️の合意がなければなりません。試験は大学施設で行われ、受験費は学校により異なりますが、TOEFL IBT®️より低価格で受験できます。

TOEFL®️受験として、近年TOEFL IBT®️が主流となっていますが、低価格で受験できるTOEFL ITP®️を受験希望される方は、まず在学している大学でTOEFL ITP®️を扱っているか確認することをおすすめします。

TOEFL®️日程と試験予約

TOEFL®️テストは、それぞれの地域で月3〜6回、年46回以上実施されています。両式とも何度も受験可能ですが、スコア有効期限は2年間です。

TOEFL®️試験日程はこちらへ。コロナ禍の影響で実施予定の変更もあり得ますのでご注意ください。

今現在、新型コロナウイルス感染防止策として自宅で受験可能な「TOEFL iBT®️ Home Edition」が提供されています。

IELTSについて

IELTSの受験法はコンピューター形式とペーパー形式の2種類から選べます。試験会場は北海道・東北、関東、関西、九州のエリアにありますが、受験形式により会場が異なるのでご注意ください。詳しくはこちらへ。

IELTS受験にはパスポートが必要になりますのでご注意ください。

IELTS試験概要と試験予約

受験費はコンピューター形式が26,400円、ペーパー形式が25,380円かかります。何度も受験可能ですが、スコア有効期限は2年間です。

事前に受験の流れをしっかり把握してから、自分にあった受験形式と日程を合わせ試験予約をしましょう。

JISP奨学金応募に必要な各受験についてしっかり把握をし、自分にあった試験を選び、準備をし、全力で挑みましょう!

この投稿は2016年7月21日に投稿された記事のアップデートです。

またJISP奨学金制度についてご質問等ございましたら、よくある質問ページをご覧ください!

Follow us on Instagram!

@japanimfscholarship