Skip to content

ニュース

2019年対日4条協議でIMFが提言した日本経済とは

先月、2019年対日4条協議が行なわれました。IMF専務理事であるクリスタリナ・ゲオルギエバ氏は日本経済は底堅いと評価する一方で、金融機関収益や年金及び保険の資金運用の利回りがフラット化している現状が与える影響についてや…

続きを読む

日本の質の高いインフラ投資

先日行われた第5回東京財政フォーラムで、国際通貨基金(IMF)副専務理事の古澤満宏氏が本年のG20議長国である日本の重要なイニシアティブについて講演をしました。G20諸国全てから全面的な支持が表明された質の高いインフラ投…

続きを読む

日本はIMFの能力開発を支援する初のパートナー国

日本は1990年に国際通貨基金(IMF)の能力開発を支援する初のパートナー国となり、以来、日本政府は最も長きに渡ってIMFの能力開発活動を支援してきています。 日本が拠出した資金は今日までに6億2,100万ドルにのぼり、…

続きを読む

新専務理事が語るIMFの目的

『「経済学は本質的にモラル・サイエンスであり、自然科学ではありません」と創設の父の1人であるジョン・メイナード・ケインズはかつて発言しました。これはつまり、内省を用い、価値判断を用いるということであり、この言葉はIMF、…

続きを読む

ラガルド氏からバトンを受け継いだゲオルギエバ氏

先日、長年IMFの専務理事を勤めていたクリスティーヌ・ラガルド氏から、新しい専務理事としてクリスタリナ・ゲオルギエバ氏へバトンが引き継がれました。ブルガリア国籍のゲオルギエバ氏は国家世界経済大学で政治経済学と社会学の修士…

続きを読む

世界GDP成長とは裏腹に世界経済の闇を示すものとは..

年4回発行するIMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号(2019年9月号)が発刊されています。当号では、世界のGDPがこの40年間を経て76兆ドルも大幅に増加していながら、それに伴う「…

続きを読む

世界経済見通し内容を英語と日本語で表現

IMFは7月にアップデートされた世界経済見通しで、あらゆる視点から「低迷を続ける世界経済」また「勢いに欠ける世界経済」と見解しました。実際に起きている世界経済の動きから見えてくる今後の予想はどのように変化していくのか、と…

続きを読む

過去の受給者達が選んだ留学先の大学

JISP(Japan-IMF スカラシップ・プログラム)とは、博士号取得のために日本政府が資金を提供し、米国の国際教育協会 (Institute of International Education :IIE)及び日本の…

続きを読む

創設75周年を迎えるIMFが将来の課題に立ち向かうには

変化する世界に合わせ、IMF(国際通過基金)も変化している中、今後の問いとして「IMFが影響力を発揮し続けるために、どのように変化するべきか」そしてさらに、「今後、IMFが影響力を維持できる政治的環境になれるのか」が生じ…

続きを読む