日本と韓国の女性エンパワーメントが引き起こしうること

IMFアジア太平洋局のエコノミストである浅尾氏と他2名のエコノミストが女性エンパワーメントについての見解を発表しました。日本と韓国で女性エンパワーメントが引き起こしうる影響を「家庭にやさしい政策や柔軟な労働市場、進歩的な…

READ MORE >>

アメリカ留学のための学生ビザを取得

アメリカ留学には米国非移民ビザにあたる学生ビザ「F-1」が必要です。米国ビザ申請サイトで学生ビザが対象となるDS-160申請書を作成し申請します。申請にあたって必要な書類(I-20:大学から受領した入学許可証など)の準備…

READ MORE >>

Japan-IMF奨学金でIMFエコノミストを目指す

IMF(国際通貨基金)は国際通貨協力のための世界における中心機関として、国際通貨システムの安定を維持することを目的とした世界の持続的な経済成長と、生活水準の向上に不可欠な機関です。生産性や雇用創出、健全な経済に必要不可欠…

READ MORE >>

経済学:必要とされている変化とは

IMFマガジン最新号(2024年3月号)は「経済学:必要とされている変化」をトピックに記事が特集されています。記事の1つであるダニ・ロドニック氏(ハーバード大学ジョン・F・ケネディ・スクール国際政治経済学フォード財団教授…

READ MORE >>

SNSからIMFを学ぶ

もともと主に若者がインターネットを通じてコミュニケーションを行う楽しみとして利用されていたSNSは、スマートフォンの普及により今やSNS利用者は幅広い年齢層で国内の80%にも及んでいます。今や個人のみならず法人として多数…

READ MORE >>

IMFエコノミスト養成プログラムに参加する

IMFエコノミストを目指している方に是非参加していただきたいプログラムです。IMFエコノミスト養成プログラムは、IMFが行う国別経済審査の手法を一泊二日のワークショップで若者に学んでもらう機会を提供するために2017年に…

READ MORE >>

カナダ留学の役立つ情報

Japan-IMF受給者が留学先として選んだ国はアメリカが多数ですが、他にカナダ、イギリス、フランス、オランダにも留学をしている受給者もいます。そこでカナダ留学を希望している方、すでに準備を始めている方に役に立つ情報を紹…

READ MORE >>

TOEFL®とGRE®とIELTSの違い

Japan-IMF奨学金に応募するにはGRE®️とTOEFL®️(またはIELTS)の2つのスコアが必要になります。また、ほとんどの海外大学出願にもテストスコアの提出を要されますので、どのテストスコアが必要かを同時に確認…

READ MORE >>

IMFマガジン F&D 2023年3・6・9・12月号

IMFマガジン F&D 2023年12月号:人工知能 近年では「AI」という言葉を聞かない日がないほど急速にAIテクノロジーが加速している中、「このテクノロジーによる影響が最終的にプラスに働くかどうかは定かでない…

READ MORE >>

日本がIMFに貢献してきたこととは

日本は1990年に国際通貨基金(IMF)の能力開発を支援する初のパートナー国となり、IMFの能力開発プロジェクトやアジア太平洋地域事務所(OAP)の活動支援、また、「日本-IMFアジア奨学金プログ ラム」と「博士号取得の…

READ MORE >>
jisp web-fb working at the IMF | visit japanimfscholarship.org

Japan-IMF奨学金を得てIMFに就職!

Japan-IMF奨学金はマクロ経済学の実務専門家としてIMFで働くことを目指す、日本人奨学生への支援を目的としています。全てのJISP奨学生はIMFで行われる有給夏季インターンシップの修了後、博士課程終了後にIMFエコ…

READ MORE >>

Japan-IMF奨学金申し込み応募にあたって知っておくべきこと

「Japan-IMF奨学金 無料オンライン INFO SESSION 2023 のお知らせ」 Japan-IMF奨学金について質問はございませんか?当奨学金をより詳しく知りたい方は9月30日、AM7:00〜(日本時間)に…

READ MORE >>