日本がIMFに貢献してきたこととは

日本は1990年に国際通貨基金(IMF)の能力開発を支援する初のパートナー国となり、以降、2019年までに日本政府はIMFに合計で6億5,100万ドルの拠出を行っています。このうち、約5億2,700万ドルがIMFの能力開…

READ MORE >>

人類から切り離せない貨幣は今後どうなっていくのか?

IMFマガジン「FINANCE AND DEVELOPMENT 2022年9月号」は、人類の大半に通じて関連してきている貨幣についてです。遠く離れた国々の間で貨幣により商業や貿易が可能となり世界経済社会が大きく変わり、今…

READ MORE >>

アメリカ留学のための学生ビザ「F-1」を取得

アメリカ留学には米国非移民ビザにあたる学生ビザ「F-1」が必要です。米国ビザ申請サイトで学生ビザが対象となるDS-160申請書を作成し申請します。申請にあたって必要な書類(I-20:大学から受領した入学許可証など)の準備…

READ MORE >>

Japan-IMF奨学金オンライン申請の抑えておくべき要点

Japan-IMF奨学金申込みオンライン申請の不安を解消 Japan-IMF奨学金の応募申込みは基本、オンライン申請となります。オンライン申請を一人で行っていると、「あれ…この答え方でいいのかな?」など不安に…

READ MORE >>

TOEFL®とGRE®とIELTSの違い

JISP奨学金に応募するにはGRE®️とTOEFL®️(またはIELTS)の2つのスコアが必要になります。また、ほとんどの海外大学出願にもテストスコアの提出を要されますので、どのテストスコアが必要か確認をし受験しましょう…

READ MORE >>

IMFマガジン「F&D」最新号から学ぶ

新型コロナウイルスや紛争、温暖化の気候変更などによる物価上昇、ドルの優先位、国際関係、世界経済秩序など、そしてそれら全てに対してのIMFの必要性をテーマとした最新号となっています。今、世界が抱えている問題、また、今後起こ…

READ MORE >>

IMFの無料オンライン教育

経済学の勉強法としてIMFが無料で提供しているオンライン教育を紹介します。一つはedX(無料オンライン教育サービス)のサイト内にあるIMFx講座です。現在50以上の講座を用意しており、受講したい講座を選べます。Wifi環…

READ MORE >>

2022年度の日本経済レポート

IMFの協定第4条に基づき、IMFは加盟国との二国間協議を毎年行っています。2022年の日本との4条協議に関連して、文書が公表されました。 IMFカントリーニュース記事(日本版) 日本語版:日本のデジタル化が経済回復に拍…

READ MORE >>

Japan-IMF奨学金2023-2025年度のパンフレット

Japan-IMFスカラシップ・プログラム『以下、「Japan-IMF奨学金」という。』は、マクロ経済学の実務専門家としてIMFで働くことを目標とし、博士課程で学ぶ日本人奨学生のための支援制度です。Japan-IMF奨学…

READ MORE >>

大学院留学準備ステップ

Japan-IMF奨学金を得て海外留学を希望している方、今まさに準備を始めようとしている方、すでに準備を始めている方のために参考となる基本的な大学院留学準備のステップです。 STEP 1 留学目的・動機の明確化 留学目的…

READ MORE >>

IMFマガジン F&D最新号

いまだ新型コロナウィルスの影響で世界経済がもがく中、世界中の国が財政の強化や、公共部門の説明責任と透明性の向上のために革新的なソリューションを打ち出しています。最新号のIMFマガジンでは、考え直すべき財政政策をテーマとし…

READ MORE >>

IMFの最新情報を素早く取得

もともと主に若者がインターネットを通じてコミュニケーションを行う楽しみとして利用されていたSNSは、スマートフォンの普及により今やSNS利用者は幅広い年齢層で国内の80%にも及んでいます。今や個人のみならず法人として多数…

READ MORE >>