Japan-IMF奨学金2023-2025年度のパンフレット

Japan-IMFスカラシップ・プログラム『以下、「Japan-IMF奨学金」という。』は、マクロ経済学の実務専門家としてIMFで働くことを目標とし、博士課程で学ぶ日本人奨学生のための支援制度です。Japan-IMF奨学…

READ MORE >>

IMFマガジン F&D最新号

いまだ新型コロナウィルスの影響で世界経済がもがく中、世界中の国が財政の強化や、公共部門の説明責任と透明性の向上のために革新的なソリューションを打ち出しています。最新号のIMFマガジンでは、考え直すべき財政政策をテーマとし…

READ MORE >>

様々な課題と直面するIMF

IMFは設立されてから、世界の変化による時代の中で様々な課題と直面してきました。そして現在は新型コロナウイルス感染や気候変動、デジタル化、人口分散などによる世界経済への影響を主な課題として活動しています。 IMFの融資業…

READ MORE >>

2022年への出発地点

2020年に引き続き2021年も世界中が新型コロナウイルスによるパンデミックに苦しまされました。今なお終息には至っていませんが、その向かい風に立ち向かうべく気持ちを強く持ち、目標を掲げ、小さい歩幅でもその一歩一歩を確実に…

READ MORE >>

IMF F&D最新号「健康な社会」を作るには

世界は2年近くにわたり新型コロナウイルスパンデミックに打ちのめされ、ウイルスの変異株による新たな問題を目の前に未だ終息とは程遠い状況に置かれています。IMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の…

READ MORE >>

分断を克服し、回復の障害を取り除く

イタリアのボッコーニ大学で開催されたG20イベントへ、IMF専務理事であるクリスタリナ・ゲオルギエバ氏が招待され講義に参加し、今現在の世界経済状況やIMF活動内容とともに、IMFの世界経済見通しと政策の優先順位についてス…

READ MORE >>

IMF F&D最新号「気候変動に対する不可欠な適応」とは

IMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号(2021年9月号)が発刊されました。今回のトピックになっている「気候変動」は世界が直面する最重要課題の一つでもあり、すぐに行動を起こさなければ…

READ MORE >>

オランダ留学のための学生ビザを取得

近年オランダへの留学が増加している理由として、最先端の教育、英語で学位を取得できるコースが多い、他国より比較的低コストなどがあげられています。2020年世界大学ランキングでは200位内にオランダの大学7校がランクインして…

READ MORE >>

フランス留学のための学生ビザ「VLS-TS etudiant」を取得

フランスの大学へ博士課程など高等教育機関で3ヶ月以上滞在の留学をする場合は、フランスの長期学生ビザ「VLS-TS etudiant」が必要になります。申請するにはまず、キャンパスフランスのホームページで「Etudes e…

READ MORE >>

カナダ留学のための学生ビザ「Study Permit」を取得

カナダの大学に留学(6ヶ月以上の就学)する場合、「Study Permit」という学生ビザが必要となります。またケベック州へ留学する方は、大学によりCAQ(Certificate of Acceptance of Que…

READ MORE >>

FINANCE & DEVELOPMENT最新号「新興市場国の次のステップ」とは

IMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号が発刊されました。今回は、未だコロナ禍から完全に抜けきれてはいないものの国によっては経済が大きく動き始めている中、新興市場国の次のステップをどの…

READ MORE >>

JISP奨学金 2022-2024年度のパンフレット公開

JISP(Japan-IMF Scholarship Program)は、マクロ経済学の実務専門家としてIMFで働くことを目標とし、博士課程で学ぶ日本人奨学生のための支援制度です。JISP奨学金には、海外の大学院でマクロ…

READ MORE >>