IMFが指摘する男女格差の世界経済影響とは

年4回発行するIMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号(3月号)が発刊されました。今回は、男女格差の解消がどれだけ経済的影響を起こすのかについてとても興味深く掲載してあります。IMFの…

READ MORE >>

基本的な著作権と特許保護の経済的意義とは?

著作権法及び特許法が芸術的創造性や技術革新に及ぼす影響は、今日の経済においてますます重要になっています。経済史学者であり、ニューヨーク大学の准教授でもあるペトラ・モーザー氏は、19世紀のイタリアのオペラや世界博覧会のデー…

READ MORE >>

IMFのエコノミクス&ファイナンス講座をセルフペース法で受講

edXのIMF無料オンライン教育(MOOCS,ムーク)では、すでに開始されている講座でもセルフペース法で講座を最初から始めることが出来ます。見逃してしまった方や、講座の途中から始めるのは…と諦めている方、セルフペース法で…

READ MORE >>

国によって異なる退職後の必要な貯蓄額

IMFは「退職後の生活に必要な貯蓄額」をテーマに高齢化が進む社会における貯蓄と年金制度の相互作用に焦点を当てた調査の記事をIMFブログに掲載しました。80ヶ国のデータを用いて、今後30年間の公的貯蓄(政府貯蓄)と民間貯蓄…

READ MORE >>

IMFが取り上げる新しい社会契約について

,

年4回発行するIMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号が昨年12月発刊されました。今回は「新しい社会契約」をタイトルとし、テクノロジーやグローバル化がもたらす不安を克服することが市民と…

READ MORE >>

IMFによる5つのグラフが表す日本経済とは

日本では安定した経済成長が長く続き、政策面では6年間にわたる「アベノミクス」の実施を通じて、財政赤字の削減や過去最低水準の失業率、女性の労働参加率の上昇が達成されたが、物価上昇率は低水準にとどまり続けており、人口の高齢化…

READ MORE >>

新たな挑戦のスタート地点!

2019年、平成最後の年になりました。皆様一人一人が自分の持てる力をさらに発揮でき、輝かしい年になりますよう心よりお祈り申し上げます。一人でも多くのJISP受給希望者に役立つ情報やアドバイスを提供できるよう、私達も頑張っ…

READ MORE >>

日本銀行総裁が語る政策課題の取り組み

元財務官僚であり、日本銀行の第31代日本銀行総裁を現職としている黒田氏が2018年10月12日、IMF(国際通貨基金)・世銀年次総会が開かれたインドネシアのバリ島で記者会見し、低インフレ環境における政策課題の取り組みにつ…

READ MORE >>

IMFによる日本経済について

IMFは日本経済の定期診断を行い、「日本経済は堅調なペースで成長しており、2018年のGDP成長率は1.1%に達成する見込み。しかし、高水準の公的債務、伸び悩む物価、潜在成長率の低下などの課題が残っている。」と発表してい…

READ MORE >>

今年度より応募締切り期日が変更しています

前年度までJapan-IMF スカラシップ・プログラム募集の応募締切り期日は翌年1月末日でしたが、今年度より一ヶ月早めの12月末日に変更になっています。応募ミスがないように、今一度、応募内容を確認しましょう。「もう間に合…

READ MORE >>

ラガルド氏による2018年の対日4条協議終了にあたっての声明

今年10月4日、IMF専務理事であるクリスティーヌ・ラガルド氏による、2018年対日4条協議終了にあたっての記者会見が行われました。 日本経済は潜在成長率を上回るペースで成長を続けているが、昨年よりも下振れリスクが高まっ…

READ MORE >>

あなたの考える経済について英語で語れますか

もし「あなたの考える経済を英語で語ってください。」と言われた時、あなたはどう答えますか?IMFのサイトには活動内容を含め、世界経済の近況や知識、情報などのヒントが満載です。 下記で紹介する動画は、今日の経済環境の中で重要…

READ MORE >>