Skip to content
jisp web-fb imf magazine finance and development the imf at 75 june 2019

創設75周年を迎えるIMFが将来の課題に立ち向かうには

変化する世界に合わせ、IMF(国際通過基金)も変化している中、今後の問いとして「IMFが影響力を発揮し続けるために、どのように変化するべきか」そしてさらに、「今後、IMFが影響力を維持できる政治的環境になれるのか」が生じてきます。このような記事を含めたIMFマガジンの最新号「FINANCE AND DEVELOPMENT 6月号 」には、創設75周年のIMFがさらに世界経済についてを興味深く記事にしています。是非、ご覧ください。

 

最新号(2019年6月号)英語版はこちらからご覧ください。

 

最新号に掲載されているいくつかの記事を日本語版でもご覧ください。

ファイナンシャル・タイムズ紙のマーティン・ウルフ副編集長がIMFの今日と明日について執筆

経済学に機械学習技術を持ち込むスタンフォード大学のスーザン・アティ

IMFのクリスティーヌ・ラガルド専務理事が国際経済協力に対する新たな決意を手紙で訴えかける

第一次世界大戦を終結させたパリ講和会議後に見られた内向志向には今日と類似する点がある

ケインズ卿が共同で創設したIMFに突然の訪問

 

またJISP奨学金制度についてご質問等ございましたら、お問い合わせページからどうぞ!

Follow us on Instagram!

@japanimfscholarship