IMFニュース

SNSからIMFを学ぶ

もともと主に若者がインターネットを通じてコミュニケーションを行う楽しみとして利用されていたSNSは、スマートフォンの普及により今やSNS利用者は幅広い年齢層で国内の80%にも及んでいます。今や個人のみならず法人として多数…

READ MORE >>

IMFエコノミスト養成プログラムに参加する

IMFエコノミストを目指している方に是非参加していただきたいプログラムです。IMFエコノミスト養成プログラムは、IMFが行う国別経済審査の手法を一泊二日のワークショップで若者に学んでもらう機会を提供するために2017年に…

READ MORE >>

日本がIMFに貢献してきたこととは

日本は1990年に国際通貨基金(IMF)の能力開発を支援する初のパートナー国となり、IMFの能力開発プロジェクトやアジア太平洋地域事務所(OAP)の活動支援、また、「日本-IMFアジア奨学金プログ ラム」と「博士号取得の…

READ MORE >>
jisp web-fb working at the IMF | visit japanimfscholarship.org

Japan-IMF奨学金を得てIMFに就職!

Japan-IMF奨学金はマクロ経済学の実務専門家としてIMFで働くことを目指す、日本人奨学生への支援を目的としています。全てのJISP奨学生はIMFで行われる有給夏季インターンシップの修了後、博士課程終了後にIMFエコ…

READ MORE >>

2022年度の日本経済レポート

IMFの協定第4条に基づき、IMFは加盟国との二国間協議を毎年行っています。2022年の日本との4条協議に関連して、文書が公表されました。 IMFカントリーニュース記事(日本版) 日本語版:日本のデジタル化が経済回復に拍…

READ MORE >>

様々な課題と直面するIMF

IMFは設立されてから、世界の変化による時代の中で様々な課題と直面してきました。そして現在は新型コロナウイルス感染や気候変動、デジタル化、人口分散などによる世界経済への影響を主な課題として活動しています。 IMFの融資業…

READ MORE >>

日本はIMFの能力開発を支援する初のパートナー国

日本は1990年に国際通貨基金(IMF)の能力開発を支援する初のパートナー国となり、以来、日本政府は最も長きに渡ってIMFの能力開発活動を支援してきています。 日本が拠出した資金は今日までに6億2,100万ドルにのぼり、…

READ MORE >>

将来の景気後退の可能性

IMFは「世界経済見通し(WEO)」の最新の改訂見通しで、世界経済は堅調なペースで成長を続けているが、勢いが鈍りリスクが高まっている、今こそ貿易摩擦や金融環境のタイト化を解消し、将来の景気後退の可能性に備えるべきであると…

READ MORE >>

あなたはどれだけIMFを理解していますか

IMFとは何か…IMFはどんな活動をしているのか…   IMFブログではそういった内容をクイズ方式で掲載しています。クイズに挑戦してIMFのことをより理解してみましょう!   またJIS…

READ MORE >>