第4回エコノミスト養成プログラム

IMF主催およびJICA協力によって第4回エコノミスト養成プログラムが開催されます。
今回のプログラムでは「マクロフレーム」を課題に、元IMFアジア太平洋局次長として活躍していたJerry Schiff 氏(PhD)を主講師で迎えます。
IMFがどのように経済分析手法(マクロフレーム)等を使い、マクロ経済の分析を行っているか。また、IMFサーベイランスおよびIMF支援プログラムのケーススタディを紹介。そして講義内で紹介された分析手法と事例を元に、参加者自身が実際に経済分析を体験する。といった講義内容になっています。さらにセミナー終了後には修了書を授与します。

場所:キャンパスプラザ京都(http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
開催時期:2018年6月15日(金)〜 16日  (土)
募集人数:20名程度(応募書類等により選考予定)
対象:大学院生(国際機関等の就職、国際経済・開発など関連分野に関心のある、修士課程レベルの学生が主な対象ですが、若手研究者、博士課程、学部生等も応募可能です。
参加費:無料(国内交通費の支給、宿泊施設の提供あり)
講義言語:英語
応募http://www.cvent.com/d/ggq0vw/3B

締切:2018年5月23日(水)

お問い合わせ先:IMFアジア太平洋地域事務所   TEL 03-3597-6700
担当 高橋 oapseminars@imf.org

参加費無料の2日間の泊り込みワークショップで、参加者同士の交流を深めてみましょう。

またJISP奨学金制度についてご質問等ございましたら、お問い合わせページからどうぞ!

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More