Skip to content
Japan-IMF Scholars Group Photo with Japanese Executive Director Takuji Tanaka at the International Monetary Fund in Washington on August 22, 2019.  IMF Photo/Joshua Roberts

海外でマクロ経済学博士号を取得しIMFエコノミストを目指す日本人を対象とした2年間の奨学金制度

博士号取得のためのJAPAN-IMFスカラシップ・プログラム(JISP)は、日本政府が資金を提供し、国際教育協会(Institute of International Education: IIE)の協力を得て、IMFの能力開発局(Institute for Capacity Development)が管理・運営を行っています。もっと読む→

 

Start your application today!

国によって異なる退職後の必要な貯蓄額

IMFは「退職後の生活に必要な貯蓄額」をテーマに高齢化が進む社会における貯蓄と年金制度の相互作用に焦点を当てた調査の記事をIMFブログに掲載しました。80ヶ国のデータを用いて、今後30年間の公的貯蓄(政府貯蓄)と民間貯蓄…

READ MORE >>

IMFが取り上げる新しい社会契約について

年4回発行するIMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号が昨年12月発刊されました。今回は「新しい社会契約」をタイトルとし、テクノロジーやグローバル化がもたらす不安を克服することが市民と…

READ MORE >>

IMFによる5つのグラフが表す日本経済とは

日本では安定した経済成長が長く続き、政策面では6年間にわたる「アベノミクス」の実施を通じて、財政赤字の削減や過去最低水準の失業率、女性の労働参加率の上昇が達成されたが、物価上昇率は低水準にとどまり続けており、人口の高齢化…

READ MORE >>

Follow us on Instagram!

@japanimfscholarship