Skip to content

ニュース

今年度(2020-2022)JISP受給者募集開始

今年度(2020-2022)のJapan-IMFスカラシップ・プログラム受給者募集が本日8月1日より開始されました。例年より早めの募集開始となっています。応募書類として必要な教授からの推薦状等、今からスムーズにいくように…

続きを読む

将来の景気後退の可能性

IMFは「世界経済見通し(WEO)」の最新の改訂見通しで、世界経済は堅調なペースで成長を続けているが、勢いが鈍りリスクが高まっている、今こそ貿易摩擦や金融環境のタイト化を解消し、将来の景気後退の可能性に備えるべきであると…

続きを読む

あなたはどれだけIMFを理解していますか

IMFとは何か…IMFはどんな活動をしているのか…   IMFブログではそういった内容をクイズ方式で掲載しています。クイズに挑戦してIMFのことをより理解してみましょう!   またJIS…

続きを読む

IMFが指摘する男女格差の世界経済影響とは

年4回発行するIMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号(3月号)が発刊されました。今回は、男女格差の解消がどれだけ経済的影響を起こすのかについてとても興味深く掲載してあります。IMFの…

続きを読む

基本的な著作権と特許保護の経済的意義とは?

著作権法及び特許法が芸術的創造性や技術革新に及ぼす影響は、今日の経済においてますます重要になっています。経済史学者であり、ニューヨーク大学の准教授でもあるペトラ・モーザー氏は、19世紀のイタリアのオペラや世界博覧会のデー…

続きを読む

IMFのエコノミクス&ファイナンス講座をセルフペース法で受講

edXのIMF無料オンライン教育(MOOCS,ムーク)では、すでに開始されている講座でもセルフペース法で講座を最初から始めることが出来ます。見逃してしまった方や、講座の途中から始めるのは…と諦めている方、セルフペース法で…

続きを読む

国によって異なる退職後の必要な貯蓄額

IMFは「退職後の生活に必要な貯蓄額」をテーマに高齢化が進む社会における貯蓄と年金制度の相互作用に焦点を当てた調査の記事をIMFブログに掲載しました。80ヶ国のデータを用いて、今後30年間の公的貯蓄(政府貯蓄)と民間貯蓄…

続きを読む

IMFが取り上げる新しい社会契約について

年4回発行するIMFマガジン「FINANCE & DEVELOPMENT」の最新号が昨年12月発刊されました。今回は「新しい社会契約」をタイトルとし、テクノロジーやグローバル化がもたらす不安を克服することが市民と…

続きを読む

IMFによる5つのグラフが表す日本経済とは

日本では安定した経済成長が長く続き、政策面では6年間にわたる「アベノミクス」の実施を通じて、財政赤字の削減や過去最低水準の失業率、女性の労働参加率の上昇が達成されたが、物価上昇率は低水準にとどまり続けており、人口の高齢化…

続きを読む