大封鎖後のIMFの世界経済見通し

未だに新型コロナウィルスの渦中から抜け出せない日々が続いている中、かつてない速さで進められている検査数、治療法改善、ワクチン治療で希望が持てる理由もいくつかある。と、IMFは2020年10月の世界経済見通しで発表しました…

READ MORE >>

IMFエコノミストになるための第一歩を!

今年度(2021ー2023)のJISP奨学金の申込み締切り日まで残りわずかとなりました。まだ応募準備が整ってない方や、今になって自信をなくしてしまって応募を迷ってしまっている方、最後まで諦めず第一歩を踏みだしましょう! …

READ MORE >>

クロスボーダー決済の改革には世界協調がますます重要に

歴史の進展に繋がるクロスボーダー決済の改善は必要とされながら足踏み状態でした。しかし新しいテクノロジーの登場や広範な機関のタッグなどにより、今、大きな進歩が可能になってきています。IMFは世界に通じる利用可能な新しい形態…

READ MORE >>

現地業務で世界経済と向き合い新たな視点が得られた

IMFの日本理事室で勤務した後、3年間IMFエコノミストとして勤務していた西澤氏は、「まずエコノミストとして大事なことは、当たり前のことですが、数字の裏付けを丁寧に行い、財政セクターのエクセルファイル内の数字、他のセクタ…

READ MORE >>

レジリエントで持続可能な未来を築くには

「ここ数十年、グローバル化は革命的変化を引き起こしてきた。それに比べて既存制度の変化は遅く、複雑化するシステムとそのリスクを管理する手段との乖離が広がった。かつて金融危機が、そして今また新型コロナ危機が 明らかにしたよう…

READ MORE >>

働く男女の仕事と家庭の合理的なバランス

新型コロナウイルスに伴いテレワークの普及の影響で、日本の「サラリーマン」に対する長年のステレオタイプが揺らいでいる。また、男性よりも女性の方がキャリアを犠牲にするなどの大きな負担を背負う要因として、男性と女性の「罪悪感の…

READ MORE >>

IMFが取り組む加盟国支援活動

新型コロナウィルスにより世界が危機に直面しました。IMFは3月後半から加盟国である80ヶ国に対し、総額US$87870.83 million(SDR 63,891.3 million)の資金援助をしています。支援金分配内…

READ MORE >>

IMF職員による新しい研究で分かったこと

IMF財政局の課長補佐である本田氏と、東京都立大学の経済経営学部教授である宮本氏による著書がIMFブログに掲載されています。「高齢化する国では財政刺激の効果が低い可能性」をトピックとし、両者はIMFの新しい研究を元に「新…

READ MORE >>

気軽に聴けるTEDで英語力アップ

TEDトークは、エコノミックはもちろん、テクノロジー、化学や心理学など、また他にも様々なトピックが揃っているので、あなたが好奇心を持つトークを見つけることができます。空き時間などを利用して気軽にトークを聴きヒアリング力ア…

READ MORE >>

無料オンライン教育講座で経済学を英語で学ぼう

IMFが無料で教育講座を提供しているedX(無料オンライン教育講座:MOOCs)から、IMFとオーストラリアの大学がそれぞれ提供している各コースを紹介します。両コースともセルフペース講座なので、時間や場所問わず受講できま…

READ MORE >>

新型コロナウイルス・パンデミック下の世界経済見通し

IMFと東京大学が「新型コロナウイルス・パンデミック下の世界経済見通し」について、最新のデータを元に特別セミナーをウェビナーで行いました。IMFチーフエコノミストであるGopinath氏と東京大学大学院経済学研究科の渡辺…

READ MORE >>

IMFのエコノミスト職を目指す

IMF(国際通貨基金)のエコノミストは、加盟国の経済開発や経済政策に関係する業務、金融政策、銀行業務の監督、財政問題などの一般的な政策や専門的な事柄に関する業務、 また、大半の任務には加盟国への出張を伴うなどの活動をしま…

READ MORE >>